家族団らん、家族と一緒に食事をすることで「子どもの肥満予防」につながる

家族団らんの時間や、家族みんなで食事をすることは精神的な健康にも繋がると言われている中で、家族と一緒に食事を摂ることは、子どもの肥満防止につながることを報告されています。

過去、家庭での食事環境が子どもの肥満にどう影響するかを調査する研究をミネソタ大学コロンビア大学が合同でおこなっています。

家庭での毎日の食事習慣、子どもの過体重・肥満に関連している?

ミネソタ大学コロンビア大学の研究者たちは、米国に在住の120組の家庭を対象に、家庭での子どもの食事をiPad等で撮影してもらい、食事時間から食事の内容、家族とのコミュニケーションなどのデータを収集しました。

この他、10年間にも及ぶデータを収集し解析。このデータは子どもとその親の2287人を対象にしたもので、研究チームは食事の他、身体活動・体重変化と子どもの肥満の関連度を調べていきました。

なお、子どもの研究対象者全体のうち51%が「過体重」と診断され、22%が「肥満」であるとされています。しかし、研究の結果、家族と食事をする頻度が少ない子どもは60%が「過体重」であり、肥満である割合は29%と、過体重・肥満率ともに高い傾向にあることが判明します。

週に1、2回家族で食事をする機会を増やすだけでも、子どもの肥満予防に

研究者の1人、ヘリカ・ルゲ氏(ミネソタ大学)は、今回の研究結果について「家庭環境を改善することで子どもの肥満を予防できる可能性」を指摘しており、次のように述べています。

「家族とともに規則正しく、明るい雰囲気で食事をすることは、安定感を得るなど子どもにとって良い影響を与えます。時間帯や時間の長さに関わらず、週に1、2回家族で食事をする機会を増やすだけでも肥満予防に効果があります。」

なお、肥満の子どもの家庭では食事中の雰囲気が明るくない傾向にあり、毎日の食事の時間、食事をする場所が一定ではない傾向にあったことの他、標準体重の子どもの食事は家族団らんの機会が多く、親子が理解し合った会話の頻度が多いことも報告されています。

このほか、食事中にテレビや携帯電話、パソコン機器などの電源がオンになっている要因は、子どもの肥満と関連性が見当たらなかったことの他、標準体重の子どもは食事の場に父と母両方が揃っていることが多かったことも報告されています。これらに加え「子どもと食事をとる機会が多いことは親自身の健康的な食生活にもつながる」ことをヘリカ・ルゲ氏は伝えています。

朝食を食べない、就寝時間が不規則な子どもは過体重・肥満になりやすい

2017年1月16日

Sponsored Links

コンテンツはあくまで論文情報等を紹介するものであり、医療助言、診断・治療行為ではありません。栄養素や健康・運動プログラム等を実施する場合や診断・治療を必要とする方は医療機関での適切な受診を行ってください。詳しくはこちら