CATEGORY 脳の健康と病気

認知症・アルツハイマー病

情緒不安定な精神的症状がある中年女性、アルツハイマー病のリスクは高い

認知症のリスクは生活習慣や栄養が偏っている食生活、運動不足などと関連性があることを多く示されている中で、「性格性との関連性」に着目された研究が2014年に発表されている。 スウェーデン・ヨーテボリ大学の研究者たちが主導し…

認知症・アルツハイマー病

太極拳は認知能力を維持させ認知症予防の1つになる:中国の研究

認知症の予防法には日頃からの積極的な生活活動や、運動の取り入れが良いとされている中で、中国生まれの「太極拳」も予防策の1つになるかどうかを検証され、その結果が報告されています。 バランス力を高め意識を集中させる「太極拳」…

認知症・アルツハイマー病

「物忘れ」などの症状が数年後の認知症リスクに繋がる:米国の研究結果

物忘れなどの記憶力に関する症状が増えた場合、認知症を発症する可能性が高まるとする研究論文を米・国立衛生研究所などが発表している。 物忘れなどの症状が増えた場合は認知症予防策などを相談すべき? 国立衛生研究所や国立加齢研究…

認知症・アルツハイマー病

高齢者の「ビタミンD不足」で認知症・アルツハイマー病の発症リスクが増大する

主に日光を浴びることによって体内生成される「ビタミンD」は、人の健康にとって必要なものです。Neurology誌に掲載された論文によると、ビタミンD不足の高齢者は認知症やアルツハイマー病のリスクが高く、増える可能性がある…

脳卒中(脳梗塞、脳出血)

肥満の女性は虚血性脳卒中リスクが高く、出血性脳卒中のリスクは低い?

米国神経学会がNeurology誌に掲載した論文によると、過体重/肥満である女性は虚血性脳卒中リスクが高い一方で、出血性脳卒中のリスクは低い傾向にあることが示された。 女性は過体重・肥満で「脳梗塞と脳出血」のリスクが異な…

認知症・アルツハイマー病

毎日20分間の筋力トレーニングを行うことで記憶力は向上:認知症予防にも

1日20分間の運動を習慣化させることで脳を活性化できる。米・ジョージア工科大学の研究チームは46人の被験者を対象にした実験結果を伝えています。 毎日20分以上の運動習慣を身につけると記憶力がアップする 同大学の研究者たち…

女性の健康 心の健康 病気と健康 生活習慣 運動・筋トレ 加齢と健康 ダイエット 栄養素 食と健康 人気記事 恋愛心理 人間心理